「より強い」ミラクールの誕生

ミラクールの遮熱(高日射反射)性能に加えて、

雨漏り・スレートの劣化・サビの脅威にも対応するバリア機能がプラス。

各工法別に使い分ける機能性プライマー、バリアコート、ミラクール3層の

シナジー効果で完成する、「より強い」ミラクールの誕生です。

ミラクールバリア2
ミラクールバリア工法の特徴
ミラクールバリア工法の特徴

4つの工法で
防水と遮熱にプラスα

  1. 01.標準工法 防水機能を持つ遮熱塗料 基本仕様
  2. 02.重防錆工法 錆が酷い、進行が速い金属に 重防錆機能付き
  3. 03.スレート強度回復工法 プライマーとバリアコートの力で強度を回復
  4. 04.オール水性工法 溶剤不使用、水系塗料だけのオール水性仕様
ミラクールバリア工法の機能

ミラクールバリア工法の機能1

一般汎用塗料や一般遮熱塗料は薄い硬質塗膜

塗膜が切れてしまいます

ミラクールバリア工法の機能2


ミラクールバリアは柔軟性塗膜

塗膜が切れてしまいます

ミラクールバリア工法の機能3

01.標準工法

適応箇所
屋根・壁・タンク等の金属部分
  • ミラクールバリアの基本仕様。
  • 柔軟性のある塗膜が水分を遮断して雨漏りを防止します。
遮熱効果・防水機能

塗膜イメージ

施工前

施工中

施工後

02.重防錆工法

適応箇所
屋根・壁・タンク等錆の出ている金属部分
  • 錆転換型プライマーで、錆を安定化させ発錆を抑制。
  • ミラクールバリアコートの層が下地の錆を抑え込むので、塗膜耐久性がさらに向上。
遮熱効果・防水機能・防錆効果

塗膜イメージ

ひどく発錆している折板屋根

塩水複合サイクル試験結果比較

錆銅板

錆銅板を3種ケレンしそれぞれ塗装

試験片:塗膜表面から下地鋼板に達するクロスカットを入れる

塩水複合サイクル試験:50℃・3%NaCl水溶液噴霧4日

→50℃乾燥3日 1サイクル7日

ミラクールバリア重防錆工法

試験前

3サイクル後

1回目:ミラクール強化防錆コート / 2回目:ミラクールバリアコート / 3回目:ミラクールS100
ミラクールバリア重防錆工法

試験前

3サイクル後

1回目:変性エポキシ樹脂錆止め塗料 / 2回目:ウレタン樹脂塗料 / 3回目:ウレタン樹脂塗料

03.スレート強度回復工法

適応箇所
屋根・壁
  • 専用プライマーがスレートが吸水するのを防ぎ、
    劣化を抑制。スレートの強度を回復させます。
遮熱効果・防水機能・劣化スレートの強度回復効果

塗膜イメージ

施工前

施工中

施工後

曲げ破壊荷重試験結果(JIS A5430)

04.オール水性工法

適応箇所
屋根・壁等の金属・スレート部分
  • 全工程水系塗料を使用します。
  • 施工時、溶剤臭に配慮が必要な場合に選ばれます。
遮熱効果・防水機能・オール水性仕様

塗膜イメージ

施工時の臭気に配慮が必要な場合に最適です
【例】
食品工場
食品倉庫
商業施設
住宅街、病院、学校
左記の施設に隣接した建物

食肉加工工場(施工前)

食肉加工工場(施工後)

PageTop
お問合せ・御見積
このページは作成中です。
しばらくお待ちください。