業界の大革命!最短ルートのメーカー責任施工で品質と価格に挑戦

土間コンクリート床の沈下・段差、床下の空洞を業務を止めずに修正します。

  • 工場・倉庫・店舗などの商業施設
  • 建物・床を解体しないので短工期
  • 棚や機械を設置したまま工事が可能
  • コンパクトな施工で日本全国・夜間工事も対応
  • 建物や設備の傾きを修正する工法もございます
手順1
① 事前の調査で沈下量や床下の空洞状況を確認。一円玉より小さい注入孔(直径16mm)をあけ、膨張性樹脂を注入。
手順2
② 樹脂の膨張力で空洞を埋め、緩んだ地盤を押し固める。
手順3
③ 膨張力で床を押し上げてミリ単位の精度で計測し床を水平にします。
PageTop
お問合せ・御見積
このページは作成中です。
しばらくお待ちください。